『お金持ちが買わない物、やらないこと15』 
『根底にある考え方とは?』


世の富豪と呼ばれる人々は、お金の投じ方に関して独自のポリシーを持っているものだ。
毎月の支出に追われる生活からステップアップするうえで、彼らの哲学に学べる点は多い。
実りある暮らしを送るため、お金持ちが避けている
15の項目を覗いてみよう。

◆1.ブランドもののファッション

tartanparty / Shutterstock.com

 ビル・ゲイツはかつて、10ドルの腕時計を愛用していると語っている。富豪であっても社交の場以外では、意外に大衆的で実用的なアイテムを使用しているものだ。重要なシーンのためにドレスやシューズを揃えておくのも悪くないが、決して毎日着飾る必要はない。

◆2.金持ちを演出する

AS photostudio / Shutterstock.com

 お金持ちへの道に関しては、形から入るのはやめた方が良いだろう。新車を買ったりディナーパーティーを開いたりして上流階級を演出しても、費用がかさんで苦しむだけだ。IKEA創業者のイングヴァル・カンプラード氏はエコノミークラスと古いボルボを移動の足にするなど、成功してからも節約に努める人物は多いものだ。

◆3.テレビ番組

Said Marroun / Shutterstock.com

 ニールセンの調査によると、アメリカでは収入の低い家庭ほどテレビを長く視聴している。一方、富裕層の3人に2人はテレビをまったく見ない。契約している動画配信サービスの元を取るために、なんとなくドラマを見ているようなら、その定期購読は見直した方が、時間的にも金銭的にも得策だ。


◆4.高すぎるマイホーム

zhu difeng / Shutterstock

 自慢の邸宅に友人を招いてホームパーティー……などと夢は膨らむが、投資に対する効果があるのか冷静に見極めたい。身の丈以上のローンは家計を大きく圧迫してしまう。「投資の神様」と呼ばれるアメリカのウォーレン・バフェット氏は、50年代に3万ドルあまりで購入した家にいまも暮らしている。


◆5.最新のガジェット

Kardasov Films / Shutterstock.com

◆10.複数のクレジットカード

Ti_ser / Shutterstock.com

 ある調査によると、アメリカの富裕層のうち複数のカードを利用している人々は8%に留まる。低所得層ほど多くのカード枠に頼りがちだ。必要なカードをまとめることで支出が把握しやすくなり、年会費も抑えられる。ポイントや優待などの目的で複数を使い分ける場合も、総合的にメリットが出ているかを見極めよう。

◆11.クレジットカードの遅延損害金

Feng Yu / Shutterstock.com

◆12.タバコ

kittirat roekburi / Shutterstock.com