史上3人目の3週連続Vかかる岩井明愛が“惚れた” 「かっこいい!」
“超最新パター”の即投入を決断

岩井明愛が全美貞、鈴木愛に続く3週連続Vに挑戦(撮影:佐々木啓)


<日本女子オープン 事前情報>
◇27日
◇芦原ゴルフクラブ 海コース(福井県)
◇6528ヤード・パー72

過去に2007年の全美貞(韓国)、19年の鈴木愛しか達成していない3週連続優勝に挑む岩井明愛。しかし、「正直まったく意識してない。あまり気にしないで今週も楽しんだら結果がついてくる。自分のプレーに集中して頑張りたい」とプレッシャーは皆無といえる。
さらに「日本女子オープン」という大会についても、「普通の試合と気持ちは変わらない。いつもよりラフが長いなと思うくらいです」と自然体で臨めそうだ。


しかもこの2連勝はいずれも、1度もトップを譲ることなく勝ち切った完全優勝。
だがそれについても「優勝した次の日には忘れてますね。
次の大会があるから、余韻に浸っている暇もない」と話す。
火曜日のプロアマ、さらに開幕前日の練習ラウンドは18ホールずつ、計36ホールをプレー。
「アップダウンがあるので4日間、体力勝負かな」というが、変わらず元気な姿を見せている。

そんな“度胸”は、こんな部分にもあらわれている。
2週連続優勝はもちろん、今季3勝すべてで握ってきたエースパターのテーラーメイド『スパイダーX カッパーホワイトスモールスラント』を、このメジャー大会で変更することを明言した。
使用するのは、今週会場に登場したばかりの同社の最新『スパイダーX』。
“日本未発表モデル”で、この会場で初打ちし即投入を決めたことになる。

その理由も「新しいものを持って来てくれたんですけど、めちゃくちゃかっこいい。クラブを選ぶ時に『かっこいい』のも基準なんです」というもの。エースの後継モデルとあって、違和感なくボールを転がせるのももちろん大きな理由となるが、それでも大きな決断といえる。
パーオンホールの平均パット数が1.7491の4位というパター巧者が、まさに“惚れ込んだ”気になる一本がお披露目される。

3連勝を過去に達成した2人も、メジャー優勝が絡むことはなかった。ここで優勝すれば、メルセデス・ランキング1位にも浮上する。「メジャー大会はみんなが獲りたい大会のひとつでもある。いつもと変わらずに自分のプレーに集中できれば」。勢いに乗った最強ツインズの姉は、自然体のまま日本一を決める大会で偉業を成し遂げることになるのか。
(文・間宮輝憲)