96期の黄金世代、特に高木優奈選手はすでに注目を集めていますね。
この新人戦での優勝は彼女のさらなる飛躍のきっかけになるかもしれません。
来季はレギュラーツアーでの優勝も期待しています!

2期同時開催の新人戦…96期は“黄金世代”高木優奈、
95期は“ステップ女王”ウー・チャイェンが大会を制す

 2期同時に行う形式となった今年のJLPGA新人戦加賀電子カップ。

 昨年のプロテスト合格組の95期生は、今季のステップ・アップ・ツアー賞金女王であるウー・チャイェンが逆転優勝を飾り、今年合格組の96期生は黄金世代の高木優奈が初日から首位を譲らない完全優勝を達成した。

ある意味、実力者が額面通りの結果を出したと言えるだろう。

 ウーは出身地である台湾ですでにプロとしてトーナメントの出場経験があり、今季はステップ・アップ・ツアーで賞金女王になっただけでなく、レギュラーツアーにも8試合に出場。アース・モンダミンカップでは10位タイに入っている。

 また、高木も単年登録していた20-21年シーズンはレギュラーツアー45試合に出場し、トップ10入りが4回、今年のファイナルQTでも14位に入っている。

 ただ、何があるのか分からないのがゴルフだ。

 ウーは初日に66をマークして単独首位に立ちながら、2日目にまさかの78を叩いて3位タイに後退。「ショットの調子が悪く、強風の中でいいプレーができませんでした」と振り返っていた。

 ホールアウト後はパッティング練習に長い時間をかけ、ホテルに戻ってからはコースマネジメントをもう一度頭の中で整理したという。「1番ホールからティーショットをどこに置いて2打目をどう打つかなど、最終ホールまでイメージしていました」。その甲斐あって、最終日はほぼ完璧なゴルフができた。

 7バーディー、1ボギーの66で回り、通算6アンダーでホールアウト。2位以下に4打差をつける圧勝だった。

 圧巻だったのは17番パー3。ピンまで180ヤードを5番アイアンで放つと、もう少しでホールインワンとなったスーパーショットでピン上90センチに止める。それを沈めて勝利を決定づけた。

「同期との試合は楽しいですし優勝できてうれしいです」と語ったウー。日本語もかなり上達し、来季はレギュラーツアーでの優勝を目指す。

 一方、高木にも思わぬハプニングが2日目に。10番ホールで2打目を誤球し、2罰打を科されたのだ。その影響もあったのか75とスコアを崩した。

 それでも単独首位をキープして臨んだ最終日は70で回り、通算5アンダーでフィニッシュ。2位以下に2打差をつけて優勝を手にした。

「うれしいです。前日の2ペナに泣きたくなかったので良かったなという気持ちです」と笑顔を見せた。この日は、プロテスト合格のお祝いに同学年で仲のいい原英莉花からプレゼントされたピアスをつけてラウンドしていたが、優勝という最高の形でお返しできたといえる。

 ウーと同様に来季の前半戦はレギュラーツアーが主戦場となるが、目指すはツアー初優勝のみだ。




<関連する記事>

<ツイッターの反応>

すだち@土東ス89b
@sudatimark2

#ウマ娘 今キングとエルが熱い…! うまゆるの怪異回でもスペちゃんとキングが抱き合ってたし、黄金世代は怖いとそれぞれでくっつく習性が…? pic.twitter.com/L8iWdHEs4t

(出典 @sudatimark2)

うるせぇよ!(飽き性)
@oDU1SW9h9gSIqEy

返信先:@kanikama25 一応シニアのクリスマス時に 有馬記念でもう一回黄金世代対決しようぜ! みたいな匂わせ会話はあるけど 始めたての新米Tはまず勝てないという罠 そして既読スキップで周回するうちに そんな会話あった事も忘れてしまうという…

(出典 @oDU1SW9h9gSIqEy)

ふうこ
@mineral5959

でも職場の30代より若くて可愛くて気が利いてお仕事頑張っててえらいも んね〜〜〜〜〜〜黄金世代どす〜〜〜〜〜〜〜ピッピロピーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🤘

(出典 @mineral5959)

かえぱ
@kaepa1010

ボカロ黄金世代、2016年はいいぞ!! かっけええええ!!!!

(出典 @kaepa1010)

ウィンド
@JokerWind1115

ビクトリーVにて黄金世代 鬼丸『爆』登場記念に手持ちの鬼丸『爆』を使ったデッキを公開 ダイナボルトでグレンモルトと一緒に出してワンショットする型 私の好みでヒューマノイド多めに組んでます #デュエル・マスターズビクトリーV #デッキを晒したらRTが来てフォロワーが増えると聞いて pic.twitter.com/MSnYliQ09D

(出典 @JokerWind1115)

Jiro Chino
@JiroChino

返信先:@yutaka76444997 それは感じますよね。鈴季すずもあの若さでアイスリボンでエース張ってたわけですから。 舞華☓すずは5★GP優勝決定戦から続く新たな黄金世代名勝負数え唄です。 両国のメインは舞華☓すずしかありません。

(出典 @JiroChino)